四日市地域事業

三重民医連の取組み

民医連の案内
署名のお願い

戦争をする国にしない。

文責;三重民医連いくわ診療所 事務次長 杉本知己

戦争法の廃案を。
納得いかない国民を置き去りにした政府の強権採決を批判する

成立した「安全保障法」を廃案に!(PDF版)

審議方法でおかしいと思う点

・「戦争法制」という呼び方について当初「国会の記録から取り消せ」など、およそ言論の府になじまない、“政府の好む言い方で言わないと無いと認めない“という強圧的態度。
・審議時間が短い。いろいろ理由が上げられていますが、本質は他国の戦争に参加するというもの。こんな大きな国のあり方を変えることを、十把一絡げで法案を上げようという点。
・抽象的な言葉が多く、しかも新語が多く、具体的なことは曖昧な法律が審議されている。

内容でおかしいと思う点

・なんで、日本への攻撃意思の無い他国への攻撃が、憲法違反でないのか?
・なんで、今までの外交努力を無にするような必要があるのか?
日中も日韓も安倍さんまでは良くなっていたのに。中東での評判も安倍さんまで良かったのに、その継続性が無駄になる。
・なんで、自衛隊員の血を他国の始めた戦争で流さないといけないのか。
・なんで、直接攻撃をされてないのに、経済的理由でも戦争する法律が必要なのか。
さらに、秘密保護法や防衛装備移転三原則、防衛装備庁設置の動きもある中、日本の産業構造がアメリカみたいになってしまうかも(儲けの為には戦争が必要な構造)。

戦争をする国にしない。(PDF版)